初LIBOOワンマン、「6/30 One and One vol.1」全曲解説。 〜前篇〜

Photo by 林檎@まか

6月30日、「One and One vol.1 LIBOOワンマンライブ」がirori石巻にて行われました。

そもそもは、カムアズは別として、何組か共通点ないアーティストが集まるライブより、単独の方がお客さんは足を運びやすいんじゃないかなと思ったのがきっかけ。

単独だと現実的な話、経費もかからないので、もともとカフェ営業しているiroriにドリンクはお任せ。

おかげで音楽と内容に集中できました。

当初、10〜20人来てくれたらと思い、iroriの椅子などもあまり動かさずと思ってたら、嬉しいことにどんどん予約が50人を越え、店内の椅子を全部並べ、それでも立ち見の方もいるという状況でした。

嬉しい!

そんな一日を、ひとつひとつ感謝を込めて、自分の歌詞の自分で好きなところを引用しつつ!

自ら解説していきます。

セットリスト

弾き語りをメインにしてからの曲を網羅しつつ、ラップも交える事を意識。

プラス、ところどころ公開録音など違うコンテンツも含めて進行したよ。

アンコールも含めると14曲。

MCも含めると正味90分以上、歌い喋り。
筋トレのおかげで体力はついたな笑

M1 覚醒

Photo by 林檎@まか

歌ったのは2回目。

初っ端はこれって決めてた。

NIRVANA的ネガティブ感を、テストステロン的ポジティブ思考で打ち破るイメージで。

あくまで終わるまで やれるだけ やるだけ
涙はもう少しだけ しまっておくぜ
裏切り 寝取られ 諦め 掃き溜め
全てがパワーになるぜ 怖いものならない

ちょうど6月頭、辛い出来事もあり、でもそれもパワーにしてやるよ、と気持ちもノッたよ。

ある種の決意表明を。

歌詞→覚醒

M2 ホリィ

Photo by 林檎@まか

ライブの定番曲。

特にテンポある曲が少ない笑、私にとって大事な曲です。

メロディも爽やか!

去年まぼ屋さんでのライブ直前に歌詞書き終えたのを思い出す。

風がやたら心地よく素通り 時の流れすら今日はslowly
先は長いぜ
笑顔見ていたいと思う ホリィ
守ってあげたいと思う ホリィ
恋するなら そんな人がいい
ないものねだりさ

Life is ないものねだり。

いい曲だし、最近カホニストのnanami氏と練習の際、いろんなアレンジも加わって磨きがかかってるんで、そちらもまたお楽しみに!

歌詞→ホリィ

M3 ユニゾン

Photo by 林檎@まか

ラップ曲。

ラップばかりしてた頃、ギター弾かない事が多くなって、それでも時々弾くと慣れ親しんでて楽しくなって弾き続けたり、やっぱり好きなんだなと。

その感じを、男女の恋愛に例えた曲です。

何度も君を裏切った 逃げ出したり 腐ったり 浮気したり
勝手なマイブーム 流行り廃り追い 変わってったライフ いつも置き去り
それでも戻る度笑顔をくれた ありがとう って一体何年遅れだ?
今更 でも君のいない時間が教えてくれたんだ 君がマイスタンダード

ギターに対してだと思えば、読み方も変わってくるはず。

あの日なんとなくギター始めてなかったら、この日はもちろん、これまでの道のりも出会いも全く違う形になっていたんだろうなと思うと、なおさら愛着も湧くね。

度々歌う、好きな曲。

歌詞→ユニゾン

中編へ続く

前篇はこれまで。

中編へ続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)