コロナ禍で失ったもの、得たもの。

はじめに

また変異して今度はオミクロン株。

落ち着いてきたかと思えばぶり返すコロナ。

ここ数年はこの病原菌に翻弄され続けた世界だった。

なんとなく飲みに行く、なんとなく密に輪になって笑い合う。

そんなこともできないこんな世の中じゃ、ポイs

とは言えただただ傍迷惑でしかないウィルスの氾濫の中でも、何か得たものはあるのかもしれない。

ヤケクソで考えてみた。

失ったもの

そもそも失ったものは多くて大きい。

とても全て書ききれない。

コロナで嬉しい!なんて人などいないだろう。

特にエンタメ、飲食業はただただやな事しかなかったように思う。

例えば現在20歳の青年。コロナ直前にバンドを始めましたと。

ライブやりたい、けど今やりづらい!

人前でライブをしたことがない。

そんなことも多いと思う。

バンドに限らず、これから何かやりたいと思う若者にとっては、コロナ以前なら簡単なことも困難だったり禁止だったりする。

コロナで失ったものは、それまでの当たり前全般だ。

得たもの

では得たものはあるのか、無理矢理考えてみると、コロナ以前から疑問だったことの解決の糸口は見つかった。

例えば、

  • 不必要な会議の減少とリモート化、それに伴うライブ配信設備の導入
  • 健康診断などの待ち時間が時間を振り分けることによって減少

この辺が挙げられる。

そもそも、ただ集まりました、という義務以外に意義が見いだせない会議は減ったし「それでもある)、リモート化への拍車もかかりやすなった。

健康診断なども、診断は10分ほどなのに1時間以上の待ち時間はしんどいなと思っていたら、時間帯振り分けによってすんなり。

コロナが落ち着いてもこの辺は続けていってほしい。

音楽的な事で言えば、

  • YouTube動画の増加
  • ライブ配信設備が整うとともに宅録設備も整う
  • ライブハウス以外でのライブ
  • 音楽配信の隆盛

なとが挙げられるだろうか。

生で音楽を聞かせる事は困難なので、必然的にそれ以外で発信する機会を増やしたアーティストは多いのではないだろうか。

ライブ配信なども簡単に行えるようになっており、一昔前の10分の1の金額で音質画質共に申し分ない機材が手に入る時代になった。

その分、ライブハウス等のライブ箱は大変な時期である。

それについてはコロナとまた別にいずれお話ししたい。

おわりに

ずらーっと書いてみたけれど、自分自身コロナがなければYouTubeは絶対やっていなかったと思う。

コロナ前は自分の動画を自分で編集する発想自体なかったし、いまだに自分の動き、口癖、そしめ丸さ(痩せる)に文句言いながら編集している。

とにかく、コロナに翻弄される日々はそろそろ終わりにしてほしい。

今のオミクロン株が最後の波だと信じて生きよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)