15年目の15分。「唄声喫茶るっく 〜晩秋みちのく出張編〜」

2月18日、新代田FEVERで開催された「唄声喫茶るっく 〜まさかの東京追加公演編〜」に出演したよ。
縁が重なり、拡がり、自分の中で宝物になったライブだった。

はじまり

昨年11月28日、石巻ブルーレジスタンスで行われたライブに出演。それがすべての始まり。

この日、OAは自分のみだと聞いていたら増えそうだと。

このツアーは、村松拓さん、佐々木亮介さん、蒼山幸子さんの3人で千葉LOOKからスタート。

そして、クラブカウンターアクション宮古からはじまり、大船渡KESEN ROCK FREAKS、ツアーの最終日がブルレジ。

その最終日に、それぞれの会場のOAが来てくれることになったとのこと。

そんなわけで上記の4組に、福川哲也、Giganticsを加えた合計6組のアーティストが集結。ライブ、セッションも盛り上がりその打ち上げにて、千葉LOOKサイトウさんが、

いいグルーブできたんで、このメンツで東京でやりませんか?

打ち上げの席で、俺もノリがいいほうなので、やりましょう!と言い、その場で日程も決め始めるみなさん。

次の日からどうなるのかなと思っていたら、その後すぐにライブは確定し、会場も決まり。

こうして、22歳の時東京で組んでいたバンドのライブ以来、実に15年ぶりの東京ライブが決まりました。

道中

「東北組で一緒に車とかで来たらアツいね」

そんな話を交わしたのを覚えていて、そうしようと思っていました。機材もあるし、何より、高速バスは除き、車で東京に行くのは初めて。

福川哲也くんが既にGiganticsを迎えに行ってくれていて、石巻で合流。イントロクイズをしながらスタートし、ひたすらドリカムを聞いてました。

休憩やちょこちょこした会話を挟み、無事、会場である新代田FEVERに到着。

FEVER到着後の夜、フィーバー

東京に到着後、朝まで飲むと言う福川哲也、Giganticsと別行動で下北沢へ。

親友のカレーを食べに「茄子おやじ」へ。

ああ、めちゃくちゃ美味い。道中の多少の疲れもあって、めちゃくちゃ染みる。

店の優しい雰囲気と音楽、スパイス。

その後、店終わりの店主、伸也くんとスタッフさんと「陣太鼓」へ。

ビールが染みる。。。

染みるよ。。。

いよいよ当日。。。

LIBOO
喝を入れたい、そんな時は、トロロ、生卵をかけたステーキ丼が一番だよね!
ホヤ
ほや。。。
LIBOO
・・・

そして本番。。。

会場入りしてそわそわしてる間に本番は近づいてくる。

セッションの練習を楽屋でみんなで行う。まるで軽音楽部のような楽しいノリ、でも音楽には真剣。

誕生した、「THE おれたち」

そしてついに開演。
福川哲也くんが歌い上げる。

Giganticsが盛り上げる。

そしてオレ。
気負いなく、自分らしく歌おうと決めていた。15分歌えるなら3曲。
3曲なら手術3部作だ!

暖かい空気の中、歌いきれて嬉しかった。歌ってよかった、生きててよかったって心から歌えた15年目の15分、満員の新代田FEVER。

セットリスト
1.麻酔切れ
2.最期の歌
3.血流

そして佐々木亮介さん。歌いっぷり、ギターの弾きっぷりが弾き語りらしからぬ勢いで心を打ってくる。大好きなアーティスト。

その後、蒼山幸子さん。素敵な唄声、そして可愛い!そのままが歌になっているような。

村松拓さんはすごい色気のある唄声。嬉しそうに歌う姿がとても好き。

そして、全出演者によるセッション。

ああ、いい時間だった。。。

打ち上げ

ビビるくらい打ち上げの写真を撮ってない。珍しい。

楽屋で既に飲んでたからなのもあるけれど、本当に楽しかったんだよな。

千葉LOOKでライブしてたメンツも合流して(千葉から!)、歌い合ったりして、オレも泥酔でラブイズオーバー歌ったりして。

こんな夜が終わって欲しくなかった。

本当に皆さんありがとうございました。

音楽やってて良かったし、これからもって思えた15年目。

精進していきます。

応援よろしくね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)